ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 防災 > 防災情報 > 行橋市渇水対策本部を設置
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > インフラ > 上水道 > 防災情報 > 行橋市渇水対策本部を設置
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報広聴 > プレスリリース > 防災情報 > 行橋市渇水対策本部を設置

本文

行橋市渇水対策本部を設置

3 すべての人に健康と福祉を6 安全な水とトイレを世界中に11 住み続けられるまちづくりを12 つくる責任 つかう責任13 気候変動に具体的な対策を
ページID:0027189 更新日:2024年1月10日更新 印刷ページ表示

渇水対策本部設置バナー

行橋市の水がめである油木ダムの貯水率が23.3%となったことを受け、令和6年1月10日付けで「行橋市渇水対策本部」を設置しました。

このまままとまった雨が降らなければ、減圧給水などの対応を取らなければなりません。

万が一、油木ダムが枯渇してもすぐに上水道が使用できなくなる訳ではありませんが、今日、今の段階から「節水」に対する意識をご家族やお勤め先で共有し、「節水」を実践して頂ければ幸いです。

皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。


行橋市長 工藤 政宏

 

油木ダム貯水率

下記URL(上水道課ページ)より、最新の貯水率が確認できます。

https://www.city.yukuhashi.fukuoka.jp/soshiki/29/2115.html

 

私たちにできること

水は「限りある資源」です。ご家庭で、職場で、学校で「できることから」始めてみませんか。

蛇口

こまめに閉める(全開で1分間約12リットル、半開で約6リットルの節水)

風呂

残り湯を再利用(掃除や洗濯、散水に再利用)

洗濯

まとめ洗い、ためすすぎ(約55リットルの節水)

食器

桶の利用、洗う前のふき取り(約90リットルの節水)

​トイレ

大・小レバーの使い分け(約2リットルの節水)