ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全・市民協働 > 消費者生活 > 消費者行政の首長表明について

本文

消費者行政の首長表明について

ページID:0001708 更新日:2023年5月16日更新 印刷ページ表示

 平成24年度から行橋市・みやこ町・築上町の1市2町で行っております「消費生活相談業務」につきましては、相談件数は増加し、被害の内容は日々複雑化・多様化しています。複雑化・多様化する消費者トラブルや特殊詐欺を未然防止・拡大防止するため、出前講座や市報・ホームページ・ラジオ等を通じて啓発活動を行い、消費者安全の推進に積極的に取り組んでまいります。

 特に、高齢者に対する消費者トラブルが深刻な状況であることから、日頃から注意喚起や啓発活動を行うとともに高齢者の見守り活動につきましては関係機関と連携を強化し、高齢者被害の防止に向けた取り組みを進めてまいります。
 また、改正民法により成年年齢が18歳に引き下げられ、若年層への消費者トラブルの増加も懸念されます。若年層への対策として、高校生に対しましては出前講座等を通じて、事例紹介や消費者トラブルから身を守るための消費者教育を行い、若年層に対しましてはSNSを活用した啓発活動を進め、今後も持続的に市民の皆様の安全・安心な消費者行政の維持に取り組んでまいります。

~行橋市議会 令和5年3月定例会 施政方針より~

                                                   令和5年3月
                                                   行橋市長 工藤 政宏


行橋市広域消費生活センター

月曜日~金曜日 9時~17時 ※祝日、12月29日~1月3日除く
JR行橋駅 西口前(行橋市西宮市2-1-19 行橋駅前交番2階)
電話番号 0930-23-0999