受託者が決まりました -デジタル化社会に対応した広報基本方針等策定業務-

2022年11月16日

 デジタル化社会に対応した広報基本方針等策定業務を委託するにあたり、最適な事業者を選考するため、公募型プロポーザルを実施しました。詳細については、下記のとおりです。

業務概要

 

 行橋市では市民の多種多様な情報取得手段のニーズに応じ、様々な媒体を介して情報発信を行っていますが、各媒体の特性を適切に把握した上でのルールが定まっていないほか、その活用が各職員の姿勢やスキルに委ねられているなどの課題が表面化しています。

 また、紙面の「市報ゆくはし」はデジタル化社会への対応として、今後のあり方が問われており、記事内容や構成などを含め他の媒体との役割分担が喫緊の課題です。

 よって、各広報媒体のあり方を示し、効果的な組み合わせを整理するとともに、市民ニーズやターゲットに応じた「伝わる広報」を推進するための基本方針及び業務マニュアルを策定するものです。

契約期間

 

 契約締結日から令和5年3月31日まで

委託限度額

 

 2,978,800円(消費税及び地方消費税を含む)

募集期間(募集は終了しています)

 

 令和3年10月21日(金曜)17時まで

様式等

 プロポーザル実施要綱(155KB)  募集要項(1MB)  仕様書(1MB)

 

参加申し込み方法(申し込みは終了しています)

 

 下記のURLからオンラインでお申し込みください。

 https://ttzk.graffer.jp/city-yukuhashi/smart-apply/apply-procedure-alias/pr-strategy

 

 審査結果

  受託者:PRDESIGN JAPAN 株式会社

 

 最終結果(228KB)

このページに関するお問い合わせ

秘書課
企画政策係
電話:0930-25-1111