【緊急】水不足!節水にご協力をお願いします。

2022年7月1日

水不足が長期化しています

 九州北部について、6月28日に梅雨明けが発表されましたが、梅雨の間もまとまった雨が継続して降ることなく、油木ダムの貯水率は未だ厳しい状況にあります。

 油木ダムの貯水率が0%になった時点ですぐに断水を実施することはありませんが、このまままとまった降雨がなく日照りが続けば、「断水」という最悪の事態を避けられません。

  深刻な水不足において、最も効果的な方法は「節水=使用量を減らすこと」です。市民の皆様の生活のため、命を守るためにも、一人ひとりの節水が不可欠です。

 引き続き、節水へのご理解とご協力をお願い致します。

 

市長より市民の皆様へ

 行橋市の水がめである油木ダムの貯水率が低下し、令和4年5月31日付けで「行橋市渇水対策本部」を設置しました。

 このまままとまった雨が降らなければ、ダムの水が枯渇してしまう恐れがあります。

 万が一、油木ダムが枯渇しても直ぐに上水道が使用できなくなる訳ではありませんが、今日、今の段階から節水に対する意識をご家族やお勤め先で共有し、節水を実践して頂ければ幸いです。

 皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 

渇水対策本部の設置について

  

  「行橋市渇水対策本部」の設置(令和4年5月31日付)


   ・第1回渇水対策本部会議開催(5月31日)

   ・第2回渇水対策本部会議開催(6月23日)

 

主な取り組み

 

 令和4年6月15日 午前0時より 

 10%減圧給水の実施(給水する圧力を下げて水の出る量を少なくします)

 

 ※日常生活に影響のない範囲での減圧給水ですが、お風呂の湯張りの際に通常より時間がかかる等の影響は考えられます。

  この機会に、お風呂の水位を下げる等、使用量を減らす心がけをお願いします。

油木ダムの貯水率について

 令和4年7月1日(金)午前0時現在

ダム名 総貯水量(千m3 貯水量(千m3 貯水率(%)
油木ダム 14,450 3,002 20.8

 

【比較】前年同日貯水率:49.6%

 

【令和4年6月26日撮影】

ダム0626(3).jpg

※水位が下がった堤防付近の様子

 

ダム(2).jpg

※水位が下がり、湖底がむき出しになった様子

 

節水についてのお願い

「断水」という最悪の事態を避けるために、節水へのご協力をお願い致します。

 新節水6箇条 .jpg

 

 他にも上水道課より様々な節水方法をご紹介しておりますので、ご覧ください。

 ⇒上水道課より節水方法のご紹介

 

行橋市上水道のしくみ

 水道水が家庭に届くまで.jpg

ダムの放流に関して


 
油木ダムの放流量・放流時間等に関しては、「田川県土整備事務所 油木ダム出張所」で決定しております。

 放流量等に関するお問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。

 

  〇田川県土整備事務所 油木ダム出張所

   住所:田川郡添田町大字津野6898

   電話:0947-84-2023

 

参考ページ


福岡県総合防災情報ー油木ダム現況表(外部リンクへ)

福岡県主要ダム貯水状況(外部リンクへ)

このページに関するお問い合わせ

上水道課
電話:0930-25-1111(1263)