「末松謙澄コンクール」作品展のおしらせ

2021年11月15日

 

末松謙澄コンクール

 昨年2020年、行橋出身で明治・大正時代に国内外で活躍した末松謙澄(1855~1920)の没後100年を迎えました。そして今年6月に、その功績をひろく紹介する評伝『明治の説得王・末松謙澄』(著者・山口謠司 大東文化大学教授)が出版されました。

 市内の中学生を対象に、この本を読んだり、図書館やインターネットで調べたりして、末松謙澄や彼をとりまく人々、時代背景などについての自由研究を募集しました。

 本展では、山口謠司賞、市長賞、議長賞、教育長賞各1点をはじめとする受賞作品35点を展示します。

「末松謙澄コンクール」リーフレット(780KB)

 会 期 : 令和3年10月30日(土)~11月28日(日)
        毎週火曜日休館(会期中、11月23日(火・祝)は開館し、翌24日を休館とします)

 時 間 : 10時~18時 (入館は17時45分まで)

 料 金 : 無料

 会 場 : 行橋市歴史資料館 体験学習スペース (行橋市中央1-9-3 コスメイト行橋2階)


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

このページに関するお問い合わせ

文化課
文化財保護係
電話:0930-25-1111(#1371)