馬場代2号墳出土品(ばば だい 2 ごうふん しゅつどひん)

2021年9月9日

行橋市内の文化財一覧

 

 

 

 

馬場代2号墳出土品写真

市指定有形文化財(考古資料)

指定年月日:平成30年7月4日

所  在  地  :行橋市中央1-9-3

        行橋市歴史資料館


 馬場代2号墳は、行橋市の東部に位置する覗山(のぞきやま:標高121.6m)の北西山麓に位置します。 平成8年(1996年)3月末に墓地の造成中に発見され、発掘調査を行いました。
 墳丘は円墳と考えられ、周溝まで含めると直径約14mです。 埋葬主体部は小型の竪穴式石室で、ヨロイ(横矧板鋲留短甲)1領、大刀1振、鉄鏃40点が出土しました。 時期は5世紀末と推定されます。カブトや馬具も副葬されていた稲童古墳群と比べ、馬場代2号墳の被葬者像として比較的軽装の歩兵が想定されます。
 馬場代2号墳の出土品は、京都平野では数少ない古墳時代中期の未盗掘資料で、石室内での配置や組み合わせも把握できます。 古墳時代中期の地方軍事集団の階層性と、その下級構成員の武装の実態を知ることができる貴重な資料です。


出土地 : 馬場代2号墳


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 

 

関連する文化財

 ■比べてみると……!? 「福岡県稲童古墳群出土品

 

 

 

行橋市内の文化財一覧

このページに関するお問い合わせ

文化課
文化財保護係
電話:0930-25-1111(1371)