重要文化財「福岡県稲童古墳群出土品」

2021年9月9日

行橋市内の文化財一覧

 

稲童古墳群出土品 集合写真

指定年月日:平成27年9月4日

 所 在 地 :行橋市中央1-9-3

        行橋市歴史資料館

 



 行橋市大字稲童は瀬戸内海西端の周防灘に面しています。 潮干狩りも楽しめる遠浅の海で、なだらかな海岸線に沿って標高5~10mの海岸段丘が続いています。 この段丘上に、南北約1kmに渡って古墳時代の前期から後期にかけて古墳が約30基築かれました。 稲童20号墳は石並古墳とも呼ばれ、古墳群中最大かつ唯一の前方後円墳(帆立貝式)です。

稲童古墳群の分布と周辺の遺跡(244KB)

 このうち、4世紀末に築かれた15号墳、5世紀後半に築かれた8号墳・21号墳からの出土品は古墳副葬品のまとまった資料として貴重で、特に武器・武具・馬具類は形態的・技術的変遷を同一古墳群内でたどることができる稀有なものです。 これらの出土品は古墳群に葬られた人物の軍事的な性格をあらわすとともに、当時の朝鮮半島情勢を背景とした大和王権と周防灘沿岸の地域勢力との政治的・軍事的関係を考えるうえでも学術的価値が高い資料です。 平成24年に福岡県文化財に指定され、そのうち主要なものが平成27年に国の重要文化財に指定されました。

 

イチおしのカブト金銅立飾付眉庇付冑

 

 稲童21号墳出土の「金銅立飾付眉庇付冑」は野球帽形のカブト(眉庇付冑)の頭頂部に朝鮮半島ルーツとみられるデザインの飾りを立てた優美なもので、国内外に類例がありません。

 


出土地: 稲童21号墳


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 

関連する文化財

 ■比べてみると……!? 「馬場代2号墳出土品

 

 

 

行橋市内の文化財一覧

このページに関するお問い合わせ

文化課
文化財保護係
電話:0930-25-1111(1371)