行橋市オープンデータ

2021年3月2日

オープンデータとは

オープンデータとは、国、地方公共団体及び事業者が保有する官民データのうち、誰もがインターネット等を通じて容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、以下のいずれにも該当する形で公開されたデータを指します。

 

  • 営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
  • 機械判読に適したもの
  • 無償で利用できるもの

 

オープンデータの利活用を推進することにより、行政の透明性・信頼性の向上、官民協働・市民参加の推進、地域経済の活性化が期待されます。

行橋市のオープンデータについて

行橋市のオープンデータについては「ゆくはしオープンデータポータルサイト」にデータを登録しています。

ゆくはしオープンデータポータルサイトは、行橋市などが提供するオープンデータを一元的・横断的に検索することができ、更に必要なデータをダウンロードして利用、加工や編集などができます。

これにより、例えば、企業のマーケティングや商品開発などの新たなビジネス展開に活用できます。


また、行橋市では、周辺の自治体(北九州地区電子自治体推進協議会 参加自治体等)と一緒にオープンデータの取り組みをすすめていきます。


北九州地区電子自治体協議会オープンデータカタログサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

 

 

なお、オープンデータの利用に際しては、「ゆくはしオープンデータ利用規約」に同意の上、御利用ください。

 

ゆくはしオープンデータ利用規約(外部リンク)新しいウィンドウで開きます
ゆくはしオープンデータポータルサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きます

このページに関するお問い合わせ

情報政策課
電話:0930-25-1111(#1711,#1713)