第2次行橋市新型コロナウイルス感染拡大防止休業協力事業者支援事業

2020年5月14日

1 事業概要

  福岡県による令和2年5月7日から5月31日までの休業要請の延長を受け、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、休

  業に協力する下記の対象施設に対して、支援金(1店舗20万円)を支給します。

 

2 対象休業期間

  令和2年5月18日から5月31日まで(時短営業は対象外となります。)

 

3 支給金額

  1事業主につき、1店舗当たり20万円(2店舗以上休業する場合であっても、上限40万円)

  ただし、第1次給付金を受給した事業者は1店舗当たり10万円(上限20万円)

 

4 申請方法及び支給方法

  申請方法:郵送(行橋商工会議所宛) 支給方法:口座振込

  申請書:行橋市ホームページからダウンロード又は行橋市防災危機管理室新型コロナ対策班(市役所2階)で配布

 

5 申請期間

  令和2年5月13日から5月31日まで(消印有効)

 

6 新型コロナウイルス感染拡大防止休業協力事業者支援事業対象施設

  (令和2年5月1日時点で営業許可等を得ている市内の施設に限ります。)

 

 

 

 

業種

内訳

遊興施設

キャバレー、ナイトクラブ、ダンスホール、バー、個室ビデオ店、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックス、ライブハウス等

大学、学習塾等

専修学校、各種学校等の教育施設、学習塾等
〇 床面積の合計が1,000m2を超えるものに限る。

運動施設、遊技施設

スポーツクラブ等の運動施設、マージャン店、パチンコ店、ゲームセンター等の遊技場等

商業施設

生活必需物資の小売関係等以外の店舗、生活必需サービス以外のサービス業を営む店舗
〇 床面積の合計が1,000m2を超えるものに限る。

食事提供施設等

飲食店(居酒屋を含む。)、料理店、喫茶店等(宅配・テークアウトサービス専門店を除く。)、ホテル若しくは旅館

理美容

理髪店、美容院等

マッサージ

整骨院、あん摩、指圧、はり、きゅう等

(カイロプラクティック、足つぼ、もみほぐし、フットケア、エステ、ベビーマッサージ、リンパ系、アロマ・ハーブ系)

 

 

 

※ 施設又は店舗等で営業している必要があります。

※ 申請には営業実態が確認できるいずれかの書類(営業許可証、防火対象物使用開始届出書、開業届、確定申告書(決算書)等)

※ 第1次給付金を受給した事業者は、上記必要書類が免除される場合があります。

 

問合せ先

 

・行橋商工会議所

 行橋市中央1丁目9-50

 TEL 25-2121

 

・行橋市

 総務部防災危機管理室新型コロナ対策班

 TEL 25-1111 内線1225~1229

 

第2次行橋市新型コロナウイルス感染拡大防止休業協力事業者支援事業における注意点

 

・申請書が2種類あります。行橋市では令和2年4月23日から5月6日まで「第1次休業協力支援事業」を行いましたが、その申請をしておらず、初めて申請する事業者は「様式第1号 (1回目の事業者)」を使用してください。前回の給付金を受け取った事業者については「様式第2号(2回目の事業者)」を使用してください。なお「様式第2号(2回目の事業者)」での申請においては、添付書類・口座番号が省略(受取口座の変更を希望する場合は「様式第2号(2回目の事業者)」の裏面に記載)できます。

 

・期間中に国による緊急事態宣言の解除、又は県による休業要請の解除があった場合、営業再開の判断は各事業者で行ってください。ただし、この給付金はあくまでも令和2年5月31日まで休業することが条件となります。

 

☆添付書類について、営業許可証がない場合は、防火対象物使用開始届出書、開業届、確定申告書(収支計算書)等のいずれかを添付してください。

 

※上記書類がない場合は、行橋市新型コロナウイルス対策班までご連絡ください。

 

要綱.pdf(135KB)

別表.pdf(269KB)

様式第1号(1回目の事業者).pdf(93KB)

様式第2号(2回目の事業者).pdf(108KB)

Q&A.pdf(311KB)

このページに関するお問い合わせ

防災危機管理室
電話:0930-25-1111(#1450,#1451)