新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的取扱い

2020年6月18日

要介護認定・要支援認定の更新申請については、原則、主治医意見書と認定調査をもとに、

介護認定審査会を経て認定の決定を行います。

ただし、次の場合には、例外として主治医意見書と認定調査を省略して、更新申請に係る認定有効期間を延長します。

条件

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点より、申請者やその家族、入院・入所先から面会制限の申し出があり、

認定調査の実施が困難であると認められた場合。

手続き

更新申請書を提出する際に、併せて「面会制限の確認票」を提出してください。

延長期間

従来の認定有効期間を12ヶ月延長します。

対象

令和2年7月1日以降の更新申請

注意

・面会制限の申し出がない場合は、通常どおり主治医意見書と認定調査に基づく認定を行います。

・新規申請、区分変更申請については、通常どおり主治医意見書と認定調査に基づく認定を行います。

・「面会制限の確認票」による有効期間延長を行った被保険者については、情報開示資料の提供はできません。

 

面会制限の確認票.docx(16KB)

このページに関するお問い合わせ

介護保険課
電話:0930-25-1111(#1172,#1173,#1174,#1175)