秋の交通安全県民運動が始まります

2018年9月14日

秋の交通安全県民運動は、交通安全の思想を広く普及・浸透させて、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けることにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的として実施されます。

  

今回の運動は、次の4点を重点に交通事故防止に取り組みます。

運動の重点テーマ

  1. 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  2. 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止 
  3. 飲酒運転の撲滅
  4. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底  

期間

9月21日(金)から9月30日(日)までの10日間

期間中の活動

行橋市では、次のようなイベント・活動を実施し、交通安全と安全・安心のまちづくりに取り組みます。

 

  ○セーフティーステーション(交通安全街頭キャンペーン)

    日時 9月20日(木)  13時半~

    場所 行橋市南大橋一丁目

    内容 交通安全の呼びかけ、チラシ・グッズの配布。 

 

  ○小学校通学路での朝の交通安全指導

    日時 期間中の平日 午前7時半~8時半

    場所 市内各小学校通学路

    内容 行橋市交通安全指導員による小学生登校時の交通安全指導

 

  

9月30日は、「交通事故死ゼロを目指す日」です

 毎年、多くの方が交通事故により死傷しています。記録が残る昭和43年以降、交通事故が発生しなかった日はありません。そこで、平成20年1月に、交通安全に対する国民の意識を高めるため、「交通事故死ゼロを目指す日」が設けられました。

 私たち一人ひとりが、交通ルールやマナーを守り、交通事故をなくしましょう。

 

 秋の交通安全運動(表).pdf(1MB)          秋の交通安全運動(裏).pdf(1MB)          H30 秋 実施要綱.pdf(108KB)   

このページに関するお問い合わせ

市民相談室
市民相談係
電話:0930-25-1111(1388,1389)