行橋市老朽危険家屋等除却促進事業

2017年5月1日

老朽危険家屋等除却促進事業をはじめました

 

補助対象建築物 次の全ての要件に該当する空き家です。

  • 市内に存する建築物
  • 現に使用されていない建築物
  • 木造又は鉄骨造である建築物
  • 過半が居住の用に供されていた建築物
  • 所有権以外の権利が設定されていない建築物
  • 老朽度の判定基準による各評点の合計点が100点を超えるもの
  • 減価償却資産の耐用年数に関する省令に定める耐用年数を超えて存する建築物

 

補助金の額

  • 対象費用に2分の1を乗じて得た額(上限30万円)

 

補助の対象となる人

  • 登記簿(未登記の場合は、固定資産課税台帳兼名寄帳又は固定資産税納税通知書)上の所有者又はその相続人

 

補助の対象となる工事

  • 市内事業者が老朽危険家屋等の除却工事を行うもの

 

補助の対象とならない工事 次のいずれかに該当する工事です。

  • この補助金の交付決定前に着手(契約締結を含む)をした工事
  • 建築物(長屋住宅を除く)の一部を除却する工事

 

補助金申請の流れ(125KB)

行橋市空き家等の適正管理に関する条例(165KB) 

行橋市空き家等の適正管理に関する条例施行規則(132KB) 

行橋市老朽危険家屋等除却促進事業補助金交付要綱(193KB) 

【別表】規則(102KB)

規則様式(26KB) 

要綱様式(33KB) 

このページに関するお問い合わせ

環境課
環境係
電話:0930-25-1111