平成29年度 イベントカレンダー≪春≫

2017年4月17日

行橋市で行われるのイベントの一覧です。行橋市では各地域で春の祭りとして神幸祭が行われています。

 

元永神幸祭/神幸祭(正八幡宮正八幡神社)/川渡り神幸祭下検地楽入覚念仏楽蓑島百手祭

 

4月

元永神幸祭

期間・時期

後半の日曜日(平成29年は4月23日)

イベント内容

数百年前から伝わる春祭りで、神輿渡御・神楽奉納が行われる。

大型の神輿2基が須佐神社の長い石段を勇壮に下る様子が見所。

場所

須佐神社

(行橋市元永1299)

交通手段(アクセス)

  • JR日豊本線「行橋駅」より太陽交通バス「長井」行15分、「元永」下車、徒歩15分
  • JR行橋駅から元永方面へ4キロメートル

  ※神社駐車場有

問合わせ

須佐神社

TEL:22-6932

FAX:22-6932

5月

神幸祭(正八幡宮)

期間・時期

5月3日、4日

イベント内容

神輿とちょうちん山が繰り出す勇壮なお祭り。

クライマックスには山車と神幸太鼓で最高潮に達する。

場所

正八幡宮

(行橋市神田町8-1)

市街地一円

交通手段(アクセス)

  • JR日豊本線「行橋駅」下車、徒歩5分
  • 国道10号線「門樋町」交差点を行橋駅方面へすぐ
  • 国道10号バイパス「金屋」交差点を市街地方面へ2.9キロメートル(7分)

  ※無料駐車場あり、市街地有料あり

  ※公衆トイレ完備・障害者トイレあり

問合わせ

正八幡宮

TEL:22-0943

FAX:22-0922 

TOPページへ

神幸祭(正八幡神社)

期間・時期

5月3日、4日

イベント内容

3日 渡御祭 神輿と各町内から趣向を凝らした山車や子ども神輿がでて、正ノ宮から各町内を巡り貴船神社へ

4日 還御祭 神輿は貴船神社から各町内を巡り正ノ宮へ

場所

正八幡神社(正ノ宮)

(行橋市行事7丁目17-1)

 

貴船神社

(行橋市行事5丁目)

交通手段(アクセス)

  • JR日豊本線「行橋駅」下車、北へ徒歩10分
  • 国道201号線「正ノ宮」信号すぐそば

  ※トイレあり

問合わせ

正ノ宮正八幡神社

TEL:22-1703

FAX:22-4038

TOPページへ

川渡り神幸祭

期間・時期

5月3日

イベント内容

上津熊、中津熊、下津熊の3地区を約5時間かけて練り歩いた後、白装束の氏子たちに担がれた3基の神輿が長峡川を渡る。

場所

恒富八幡神社周辺

(行橋市上津熊)

交通手段(アクセス)

  • JR日豊本線「行橋駅」より太陽交通バス「香春線」12分、「中津熊」下車、徒歩約5分
  • 行橋駅から北西へ約2キロメートルで上津熊地区の恒富八幡神社(行橋駅→国道201号線「中津熊」信号を北西へ→県道28号→神社)
  • 国道201号線「中津熊」交差点を北西へ約300メートルで恒富八幡神社(県道28号線「行橋直方線」経由)

問合わせ

行橋市教育委員会 文化課

TEL:25-1111(1168)

FAX:25-1582

TOPページへ

下検地楽

期間・時期

5月3日、4日

イベント内容

王野神社に数百年前から伝わる春祭りで「楽打ち」が奉納される。

この楽打ち行事は、豊作と健康、それに牛馬の健康を祈るもの。

また、楽打ちは子どもが中心となり、太鼓や鉦を響かせながら舞い踊る。

福岡県指定無形民俗文化財。

場所

王野八幡神社周辺

(行橋市下検地)

交通手段(アクセス)

  • JR日豊本線「行橋駅」より太陽交通バス「香春線」16分、「吉国」下車、徒歩8分
  • 行橋駅から西へ約2.3キロメートルで下検地地区の王野八幡神社(行橋駅→国道201号「吉国」信号を南へ→県道251号→神社)
  • 国道201号線「吉国」信号を南へ約600メートルで王野八幡神社(県道251号線「県道天生田吉国線」経由)
  • お旅所は神社の北東側約300メートル付近の集落内に所在

問合わせ

行橋市教育委員会 文化課

TEL:25-1111(1168)

FAX:25-1582

TOPページへ

入覚念仏楽

期間・時期

5月3日

イベント内容

寛政年間から行われている天下泰平・五穀豊穣を祈願する神事。

烏帽子をかぶった子どもたちが楽打ちを行い、言立(いいたて)1名・頭打ち(かしらうち)2名・太鼓8名・鉦(かね)に分かれて神社のみならずお寺にも楽を奉納するという珍しい行事である。

行橋市指定無形民俗文化財。

場所

五社八幡神社、平成29年は安楽寺(明見寺と安楽寺の隔年交互)

(行橋市入覚)

交通手段(アクセス)

  • JR日豊本線「行橋駅」より太陽交通バス「椿市線」17分、「入覚」下車
  • 行橋駅から西へ約7キロメートルで入覚地区(行橋駅→国道201号線→県道28号→県道62号→入覚地区)
  • 国道201号線「中津熊」信号を北西方向・平尾台の山麓方面へ5キロメートルで入覚地区。県道行橋直方方面へ5キロメートルで入覚地区。

問合わせ

行橋市教育委員会 文化課

TEL:25-1111(1168)

FAX:25-1582

TOPページへ

蓑島百手祭(みのしまももてまつり)

期間・時期

5月21日夕方 18時00分頃~

イベント内容

弓矢で大きな的を射て豊漁・繁栄などを祈願する神事である。

室町時代、たびたび海賊に襲われた住民が自衛のため弓矢で戦ったのがはじまりと言われている。

行橋市指定無形民俗文化財。

場所

蓑島神社周辺

(行橋市蓑島)

交通手段(アクセス)

  • JR日豊本線「行橋駅」より太陽交通バス「蓑島線」15分、終点「蓑島」下車。徒歩2分(バス停から北東へ約200メートルで蓑島神社)
  • 行橋駅から東へ約5キロメートルで蓑島地区。
  • 江尻川横の「常盤橋」信号から北東の蓑島方面へ防波堤に沿って約2キロメートルで、蓑島地区

問合わせ

行橋市教育委員会 文化課

TEL:25-1111(1168)

FAX:25-1582

TOPページへ

このページに関するお問い合わせ

商業観光課
観光ブランド推進係
電話:0930-25-1111(1221)
ファクシミリ:0930-25-7817