「住基カード」の発行終了と、それを用いた「公的個人認証(e-tax)」の更新の終了

2015年9月30日

「住民基本台帳カード」の交付終了(平成27年12月28日)

平成28年1月から「マイナンバーカード」の交付が始まることで、平成27年12月28日をもって「住民基本台帳カード」の交付が終了になります。

ただし、すでに発行されている「住民基本台帳カード」は、有効期限がくるまでは利用できます。

マイナンバーカード」は、「住民基本台帳カード」と同様に顔写真のついた公的な身分証明書として使えますので、ご活用ください。

平成27年10月以降(11~12月中にお届け予定)、「マイナンバー」をお知らせする「通知カード」をお送りしますが、その通知に「マイナンバーカード」の交付申請書(申請受付:通知カード受取日~/交付開始:平成28年1月以降予定)が同封されていますので、交付を希望する方は郵送で申請してください。

「住民基本台帳カード」を用いた「公的個人認証(e-tax)」の新規設定・更新の終了(平成27年12月22日)

平成27年12月22日をもって、「住民基本台帳カード」への「公的個人認証」の新規設定・更新が終了になります。

「住民基本台帳カード」が「マイナンバーカード」へと移行していくことに伴い、「公的個人認証」の利用も「マイナンバーカード」を用いた方式へと今後移行していくこととなります。

そのため、平成27年12月24日以降は、「住民基本台帳カード」への「公的個人認証」の新規設定や更新はできなくなります。

ただし、すでに設定されている「公的個人認証」は、1 「公的個人認証」の有効期限がくる、2 「住民基本台帳カード」の有効期限がくる、3 氏名・生年月日・性別・住所が変更になる、までは利用できます。

マイナンバーカード」には、初回交付時に「公的個人認証」が標準搭載されることになり、それを用いてe-taxなどを利用できるようになります。

 

※平成29年2~3月時期の電子申告について、マイナンバーカード」を利用した新方式に関して、カードの出荷時期が未定のため間に合わない可能性がありますのでご了承ください。

 

電子証明書有効期間について.jpg

 

 image-0001.jpg

このページに関するお問い合わせ

総合窓口課
電話:0930-25-1111(1111)