【祝】稲童古墳群出土品 重要文化財指定記念シンポジウムのお知らせ

2015年7月17日

行橋市内の指定文化財一覧

 

 

 

盛況のうちに終了しました。

講演の資料は文化課にて配布しております。

 

国の重要文化財「稲童古墳群出土品」をはじめ、

豊前地域の多数の古墳時代甲冑を多数集めた

稲童古墳群展 開催中!!

 

 

重要文化財指定記念シンポジウム

 平成27年3月13日、国の文化審議会は稲童古墳群の出土品197点を、国の重要文化財に指定することを文部科学大臣に答申しました。
 稲童古墳群は福岡県行橋市稲童の海岸沿いに所在する、古墳時代前期から後期にかけて築かれた約30基の古墳群です。 昭和14年(1939)から断続的に調査が行われてきました。 今回、国重要文化財の指定を受けたのは、稲童古墳群出土品のうちまとまった資料が出土した  8 ・ 15 ・ 21 号墳における出土品の一括で、古墳時代前期および中期の甲冑をはじめ、刀剣、馬具等の金属製品を豊富に含むことを特徴とします。
 今回のシンポジウムでは「福岡県稲童古墳群出土品」の国重要文化財指定を記念して、稲童古墳群やその出土品の意義を、考古学研究の専門家に語っていただきます。 またシンポジウムに先がけ、古墳にコーフン協会会長、古墳シンガーであるまりこふんさんによるトークショー、ライブも行います。

記念シンポジウム チラシ(2MB)

 


日時:平成27年8月1日(土)
       13:00~17:00 (12:30開場)
会場:コスメイト行橋 文化ホール (福岡県行橋市中央1-9-3)



入場:無料

※ただし整理券が必要です。

文化課(行橋市民会館別館1F)、行橋市歴史資料館(コスメイト行橋2F)で配布します。

遠方の方は電話でお問い合わせください。
 
文化課TEL:0930-25-1111(内線1167,1168)

  


まりこふん さん

{第1部} オープニングアトラクション
         古墳にコーフン協会会長 古墳シンガー
          まりこふんさんの古墳の歌 & トークショー

 
 まりこふん 
 古墳シンガーにして、古墳にコーフン協会会長。 「かわいい」という独自の目線で古墳巡りの楽しさを多くの人に伝えるべく活動中。 ラジオやテレビ、全国のお祭りに出演するなど、様々なメディアで活躍。 また、女の情念を力強くかつ繊細に歌い上げるBlack&Blueのライブも精力的に行っており、1stアルバム「人間なんて」、さらに世界初の古墳アルバム「古墳deコーフン!」が好評発売中。 主な著書は『まりこふんの古墳ブック』(山と渓谷社)、『古墳の歩き方』(扶桑社)、ヨザワマイとの共著『東京古墳散歩』(徳間書店)。

 

{第2部} 記念講演
        山中英彦(行橋市歴史資料館長)
          「稲童古墳群を掘る」
        豊島直博(奈良大学文化財学科准教授)
          「重要文化財としての稲童古墳群出土品」
        橋本達也(鹿児島大学総合研究博物館准教授)
          「稲童古墳群からみた古墳時代の豊前の重要性」
{第3部} シンポジウム
       コーディネーター
        桃崎祐輔(福岡大学歴史学科教授)
       パネラー
        山中英彦
        豊島直博
        橋本達也


 

〔主催〕 行橋市・行橋市教育委員会

行橋市内の指定文化財一覧

地図

会場

このページに関するお問い合わせ

文化課
電話:0930-25-1111(1167,1168)