文化財関係 書式ダウンロード

2019年8月30日

 開発にともなう埋蔵文化財の取り扱いについて

1.「埋蔵文化財の有無の照会」を行う場合

 土地が周知の埋蔵文化財包蔵地であるか確認したい場合は、対象地の範囲がわかる地図(住宅地図等)を準備して文化課窓口にお越しいただくか、下記のエクセルファイルをダウンロードして太枠内に記入し、お問合せの範囲を示す地図(住宅地図など)を添えてFAXをお送りください。

  ■ 埋蔵文化財包蔵地の照会

2.照会の結果、「試掘調査が必要」の場合

 「試掘調査が必要」である土地について、下記の「試掘調査願」、「試掘調査承諾書」(※試掘調査時点での土地所有者の署名捺印が必要です)、に記入し、対象地の範囲がわかる地図、あれば工事図面(平面図、基礎部分がわかる断面図)を添えてご提出ください。 詳しくは文化課にお問合せ下い。

  ■ 試掘調査願                    ■ 試掘調査承諾書

3.文化財保護法93条に関する申請書

 周知の埋蔵文化財包蔵地(試掘調査の結果、地下に遺構が確認された土地を含む)で開発行為を行う際は、事前に文化財保護法第93条の届け出をしなければなりません。 開発したい土地が周知の埋蔵文化財包蔵地であるかわからない場合には文化課にお問合せ下い。
 この届書提出後、通常約2週間で福岡県から回答があります。 これにより、発掘調査が必要か、工事立会が必要かなどが決定します。

  ■ 埋蔵文化財発掘の届出について             ■ 発掘調査承諾書

 


 

 


「守田蓑洲旧居」の使用を申請する場合

守田蓑洲旧居の使用について

  ■ 守田蓑洲旧居 使用許可 申請書

包蔵地 様式 問い合わせ 開発 遺跡 出前授業

様式

このページに関するお問い合わせ

文化課
電話:0930-25-1111(1167,1168)