下水道を正しく使いましょう

2014年7月17日

 公共下水道ができたからといって、何でも流していいということではありません。下水道はみんなの財産です。下水道を使うひとりひとりがルールを守って正しく使用しましょう。

台所には

台所

野菜くずやご飯の残り、天ぷら油やサラダ油などの廃油を流さないようにしましょう。

水洗トイレには

トイレ

トイレットペーパー以外の紙や、異物を流さないようにしましょう。

マンホールには

マンホール

土砂や木片などの廃棄物は捨てないようにしましょう。

また、むやみにマンホールを空けないようにしましょう。

下水道には

下水

ガソリン、シンナー石油、アルコール類などの危険物は流さないようにしましょう。

工事、事業所では除外施設を設置しましょう

 工事、事業所などの汚水の中には、管きょを痛めたり、浄化センターで取り除くことが困難な有害物質が含まれていたりすることがありますので、下水道法、市条例で、工場や事業所に対して、一定の水質基準以上の汚水を排出することを制限しています。

 このような汚水を流すおそれのある事業者、あるいは事業所などでなくてもこれらの下水に該当するおそれのある場合は、事前に市と協議して除外施設を設置してください。

 

※雨水を下水道に流すと汚水があふれますので絶対に流さないで下さい。

 

このページに関するお問い合わせ

下水道課
電話:0930-25-1111