医療費が高額になったとき(後期高齢者)

2016年5月9日

あらまし

病院などの窓口で支払った金額の合計が、自己負担額を超えたときは、申請により認められると、超えた分が後から支給されます。

一度申請すれば、次回からは申請の必要がありません。ただし、口座解除などの理由で、再度申請が必要な場合があります。

事務手続・申請内容

高額療養費支給申請の手続き

手続きに必要なもの

  • 印鑑(被保険者本人)
  • 保険証
  • 預金通帳(被保険者本人名義)
  • 身元確認書類(被保険者本人及び来る方の身分確認ができるもの)
  • 番号確認書類(被保険者本人のマイナンバーが確認できるもの)
  • 委任状(被保険者本人以外が来る場合)

担当の窓口

国保年金課 国民健康保険係

申請書様式ダウンロード

高額療養費支給申請

その他・備考

なし

このページに関するお問い合わせ

国保年金課
国民健康保険係
電話:0930-25-1111