市長の仕事

2013年9月26日

庁 議

 市の基本方針や重要な施策を協議する会議で毎月2回程度行われます。

 市長をはじめ、副市長、教育長、各部長など市の幹部が参加します。また、市役所の各部局間の総合調整をして、計画的で、効率的な市制の運営を行います。議会に提出する予算や重要な条例などはここで審議されてから、議案となります、

議 会

  定例市議会が年4回あります。私は行政側の代表として議場に立ち、予算案や条例案などを提出し、市議会議員の質問に答え議決していただきます。

 特に2月から3月にかけて行われる3月定例市議会では、新年度予算案などが審議されます。

 議会の模様は、傍聴することができます。また、インターネットで議事録を検索することができます。

決 裁

 市職員が考えた事業や催しなどの伺いや予算の支出などの文書に目を通し、判断や決定を行っています。決裁というのは、文書による判断や決定のことです。

 しかし、全ての決裁が市長のところにくるわけでなく、内容の重要度や支出する金額によって、市長がするもの、副市長や部長、課長がするものなど、決められています。 

イベント参加

 行橋市では保健や福祉、スポーツ、文化などたくさんのイベントを開いています。市長は、主催者としてあいさつをしたり、率先して参加し、市民の皆さんと交流を深めています。

 イベント参加の際には、気軽に声を掛けてください。 

このページに関するお問い合わせ

秘書課
電話:0930-25-1111