介護サービスを受ける事業所ってどんなところ?

2013年7月1日

あらまし

介護が必要になったときに安心して、ゆとりある生活が送れるように自宅や施設での介護を手助けしてくれるところです。

要介護認定の結果が判定すると介護保険のサービスが受けられます。まずあなたにあった事業者を選んでください。事業者が決まると依頼を受けた事業者のケアマネジャーが本人・家族と面談し、本人・家族の希望や心身の状態を踏まえてケアプラン(介護サービス計画)を作成してくれます。気軽に相談してください。

在宅でのサービスには訪問介護(ヘルパーによる家事援助、身体介護)等各種のサービスがあります。

また在宅サービスの場合一月に利用できる上限額が決まっています。上限額の範囲内で、あなたの希望される日に、希望されるサービスが受けられるよう計画を立ててくれます。上限額の範囲であれば1割の自己負担で利用できます。在宅での生活が困難な場合は施設に入所することもできます。

ただし要支援と判定された場合には施設入所はできません。事業者が決まると居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書により介護保険課へ連絡してください。

担当の窓口

福祉部介護保険課

このページに関するお問い合わせ

介護保険課